2014年08月

    20080312-8-48

    120 :名無しさん@HOME:2012/09/09(日) 10:34:37.99 P
    結婚8年目、共働きで子供は年長児が一人。 
    夫は一昨年から単身赴任で北の大地へ。 
    夫の会社の事業転換のため、現在の勤務地が永住地になりそうなので 
    来年3月をめどに夫の転職か私の退職かで悩み中。 

    昨日、夫実家(車で1時間の所)の氏神様のお祭りだったので 
    子供と二人でお呼ばれしたので行ってきた。 
    露店めぐりをしたり、ごちそういただいたりと楽し時間を過ごしたんだけど 
    帰り際に夫の親から 
    「息子の転職は難しいと思うから、あなたが仕事をやめて息子の元へいってほしい。 
    でも孫の教育の事を考えるとあの地では心配なので私たちに預けてほしい。 
    息子には話してあって了解も得ている。」 
    と真顔で話された。 

    色々言いたいことはあるけど、夫にもまだ確かめていないけど 
    良好な関係だと思っていた夫の親から 
    とんでもない話を聞かされて腰が抜けた。 
    所詮嫁は嫁、舅姑とは分かりあえないんだと痛感した。 
    夫に連絡取りたいけど、今週いっぱい海外出張中。 
    吐きそう。

    1489298_688936504480168_186555621_n

    81 :パスタ ◆L2iZAbgAEQ :2013/09/07(土) 22:27:25.35
    洗剤の買い置き探してシンク下の扉開けたら、 
    ちょっと悩むもの見つけちまった。 


    84 :パスタ ◆L2iZAbgAEQ :2013/09/07(土) 22:42:06.09
    俺両親に報告すべきかどうかで悩む。 
    洗剤置き場というか、普段俺が見ない、キッチンのシンク下の扉の中。 
    開けてすぐに、お歳暮とかでもらうような詰め合わせの箱みたいのがあって 
    手始めに開けたら出てきた。 
    写真なんだが

    0-34


    24 : ◆5fnfJGZDyM :2013/10/31(木) 20:06:30.04 0
    すみません、どう話したら夫に分ってもらえるか相談させてください。 

    もうすぐ7歳の娘の七五三があります。 
    今回は産んで二ヶ月の乳児がいるので夫の両親(遠距離)をお招きするのは無理だと話しているのですが 
    夫には理解してもらえず勝手に呼ぶと言い張っています。 

    今までお宮参りも3歳の七五三も運動会も祖父母参観も発表会も 
    事あるごとに私から義母に声をかけて来てもらっていました。 
    ですが今回はもてなすどころか掃除もままならないし 
    日常生活でいっぱいいっぱいなので無理です。 

    私を蔑ろにしてまで親孝行したいのか?そんなに家族を壊したいのか?言っても 
    ここ数ヶ月喧嘩中ということもあり全く聞く耳をもちません。 
    どう話したら解ってもらえるのやらお知恵を貸してください。

    Greed

    ]9 :名無しの心子知らず:2012/08/11(土) 00:37:15.74 ID:XEQmr0W6
    疲れてるのに眠れないので吐き出し 

    先日ママ友Aの実母が急逝 
    私とAさんは一回り年齢が違い、お互いの子が同級生として入学するまで付き合いはなかったが 
    彼女と私の親同士が長く親交があり、子の入学と同時に一気に仲良くなった(A子は保育園、私子は幼稚園) 
    なので当然お香典もそれなりの金額を包み準備していた 
    通夜の日、出かける支度をしていると普段子供同士で行き来のあるBママから電話がきた(時々ママ会もする仲) 
    こんなこと訊いて悪いんだけど、お香典いくら包んだ?との問い合わせ 
    私とAさんの間柄を話し、金額も正直に伝えて、余計なお世話と思ったが単なるママ友なら半額が相場じゃない?と言った(ソースは参列予定の他ママ友) 
    その時Bさんは「ありがとう!助かったわ~支度の邪魔してゴメンね~」といつもの穏やかな彼女だった

    69541b976b1350e96fde113171872ce5

    116 :おさかなくわえた名無しさん:2014/02/09(日) 17:45:03.23 ID:Cjzwn99/
    うちの嫁は妊娠悪阻がひどくて、水を飲んでも吐く有様だった 
    吐くものが無くて血まで吐いてた 
    50kgだった体重が40kgまで減って、医者も入院を勧めたんだけど 
    病院の匂いが気持ち悪くて無理って理由で毎日通院して点滴で何とか生きてた 
    運転は無理だから俺が全て送迎 
    可哀想に思い望むことは何でもしてあげてたんだ 
    「今ならもしかしたら爽やかなかき氷だったら食べれるかも」 
    って夜中の2時に起こされれば買いに行き 
    「無理だった」と残す 
    病院への送迎、家事全部、マッサージ、睡眠時間を削って仕事 
    そんなのが出産直前まで続いた 

    その間に嫁にとってはそれが普通のことになり 
    12年ほど経った今ではすっかり>>1状態 
    お粥を米からじゃなく、冷やご飯から作ったって理由で木刀で左肘のヒビを入れられたこともある 

    今年中に離婚が目標

    このページのトップヘ

    トップに
    戻る