2014年08月

    41146b65-s

    157 :おさかなくわえた名無しさん:2011/12/19(月) 13:35:49.45 ID:1Mzd0/VM
    女子校時代の友達 
    ノリが軽いけど話は面白いし盛り上げ上手で仲が良かった 
    別々の大学に進学してしばらくして子供が出来たと相談の電話 
    自分は産みたいけど彼氏が産むなと言ってると涙ながらに語り 
    話しあいの末堕ろすことになったと自分が馬鹿だったと号泣してて 
    さすがに何故避妊しなかったのかと責める空気じゃなかったけど 
    内心男のせいばっかにしてる彼女にもちょっとムカついてた 
    水子供養に付き合ってくれと言われついて行くと形式上の供養を済ませた後 
    「何か美味しいもの食べて帰ろっか♪この近くに美味しいお店あるんだよ」 
    と明るく言われ何となくコイツほんとに子供殺した自覚あんのかと疑問に思った 

    食事中に宝石のついたペンダントを自慢げに見せられたので尋ねると 
    「生まれてくるはずだった子の誕生石、彼氏に買わせたの」 
    と言われてコイツ自分を悲劇のヒロインかなんかと思ってんじゃ?とドン引き 
    「私はこの子の分まで幸せにならなきゃね!」 
    と明るい彼女を見てああもう無理かも倫理観が違い過ぎると思ってFO 

    それから5年この間同窓会があった時に彼女の付けてるペンダントが3つに増えてた 
    ゾッとしつつ聞くと全部生まれてくるはずだった子の誕生石だと 
    しかも父親は全員違う奴らしくもうホント無理と思った 
    今の彼とは絶対結婚したいと思ってるの!愛してるから生でやってるの! 
    とウットリ言われて彼女はひょっとしてメンヘラと言う奴じゃないだろうかと思った 
    もう赤の他人だから知らんけど

    171

    55 :おさかなくわえた名無しさん:2011/12/11(日) 18:14:57.15 ID:2EvSc9Se
    妊娠中、本当につわりがひどくまた長引いて、寝込んでいた。 
    親しい友人には妊娠報告をしたけれども、 
    「つわりが段々ひどくなってきてあまり電話やメールができません、 
    ごめんなさい、体調がよくなったら報告します」と 
    あらかじめ不精を断っておいた。 

    遠方の友人Aからあるとき電話がかかってきて、 
    雑談が始まり、しかも自分の同棲してる彼氏の愚痴を聞かされた。 
    「話をきいてあげられればいいけど、体がつらいんで長電話が無理、ごめんね」と言ったら 
    「私も生理痛が重たくてつらくて~」と生理痛のひどさ、つらさについて 
    延々と語られ、「だからたいしたことないよ!」とまで言われた。 

    気持も体力も限界でその後メールも電話もほぼレスしてなかったら 
    「なんで電話返してくれないの!?私何かしたの!? 
    私が何かしたならちゃんと言ってよ!」と 
    Aが留守電・メール・パソコンメール・登録のSNSなど全方向に投げてきた。 
    上記のことを説明したら、 
    「あなたのこと傷つけたのね、でも私は悪気があったわけじゃないの。 
    でも連絡手段を断たなかったってことは私のこと見捨ててないってことでしょ? 
    あなたのやさしさなのよね。あなたが私にとって一番大切な友達なの!」 
    というなんだこの悲劇のヒロイン・・・と空笑いしたくなるメールが来たので、 
    「あなたとはもう連絡とりたくありません」と怒りに任せて関係を切った。 

    もうちょっと穏便なやり方もあったと思うんだけど、 
    思いやりなし&自分に酔ってる感がもうダメだった。

    hannya-1

    178 :おさかなくわえた名無しさん:2011/12/21(水) 12:08:10.38 ID:YitLNvO0
    しょっちゅう友人らと揉め事を起こしてばかりいる女がいた。 
    嫌なことがあったらその場では言わず、一週間くらい寝かせてから 
    「このまえされたいやなこと」と「わたしのただしいかんがえ」 
    をタラタラ書いた超長文メールを送りつける人だった。 
    相手への悪意、そしてナルシストな自己愛に溢れた、つっこみどころ満載なメール。 
    ついに私のとこにもその長文メールが届くようになり、 
    あーいままで揉め事起こしまくってた原因はこれかと、身をもって知った。 
    長文を締めくくる決め台詞も毎回決まっていて 
    「友達だと思っていたのに」「友達だからわかってくれると思ってた」 
    みたいな「友達だから」って言葉を盾に使ってくる。 
    メールの内容は、相手の嫌なところの羅列と、 
    自分の頑固で身勝手な意見を正当化した内容だが、 
    最後に「友達」という言葉でまとめることで自分の保身をしていることは明らか。 

    「みんな最後はめんどくさいって言って逃げていくの。私は友達と思ってるから、わかってほしいからメール書いてるのにね」 
    うん、そりゃ逃げだろ。 
    友達の縁を切るように仕向けているのはそっちなんだから。 
    でも「私は友達だと思ってたのに裏切られちゃった。かわいそうな私」というスタンスを絶対崩したくないらしい。 
    これまでの数々の揉め事もすべてこの方法で縁を切ってきたようだ。 
    私はここで逃げちゃいかん、逃げたらこいつをまた付け上がらせてしまうと思い、がんばった。 
    そいつが送ってくるような長文メールを、そいつの嫌なところに置き換えてメールを返信した。 
    もちろんメールの最後の決め台詞も忘れない。 
    「うん私たちって友達だよね。私は親友になりたいって思ってるの。だからわかってくれるよね」と締めくくった。 
    そいつが1000文字くらいのメールなら、こっちは2000文字くらいの長文で書いてやった。 
    その日から長文メール合戦が始まった。根気のいる作業だったけど、負けじとがんばった。 
    私はなにと戦っているのか。 
    もーダメだと心が折れかけたとき、むこうがやっと折れた。 
    「ごめんなさい、ごめんなさい。私が悪いのはわかってる。合わないみたいです。もうこのメールに返信しなくていいです」 
    と低姿勢にお断りのメールが。 
    これで終わったのか…。と、脱力して涙があふれてしまった。

    120523disneyland_character13-thumb-640x360-46950

    54 :名無しさん@HOME:2013/05/17(金) 17:07:02.40 0
    今年の夏に義実家の近くに越すことになった。 
    それを聞いた義弟嫁が 
    「夏に泊めてもらおうと思ってた(我が家の近くはネズミの国)ので引越しを延ばしてくれ」 
    と言い出した。 
    無理だと断ると 
    「やっぱり子供のいない人って冷たいですね。人間的にできてないっていうか!」 
    と怒りだした。 

    うちは夫原因の小梨。 
    夫はもとより、ウトメだけじゃなくて大ウトメも 
    私に対して詫びてくれる。 
    それは義弟たちも知ってるはず。 
    (私自身は納得ずくで結婚したので何とも思ってない) 

    義弟嫁は義実家に出禁になり、 
    それがきっかけになって義弟夫婦は離婚話進行中。 
    「助けてくださあい」と義弟嫁から連絡が来るのが激しくウザい。

    greed-and-corruption

    135 :おさかなくわえた名無しさん:2012/02/12(日) 16:38:43.18 ID:wVezR1Xa
    子供の頃からのつき合いで親友だと思ってたのに、数年前お互いほぼ同時期に結婚してから関係が変わってしまった。 
    とにかく私の幸せを喜んでくれないことに気づいた。 
    私は彼女の結婚も出産も心から喜んで、その度にお祝いもしてきたけれど。 
    自分のことの報告はしてくるんだけど、私が出産や新築の報告をしても、いつもまったく知らん顔で、普段はまったく疎遠。 
    お互いすごい近所に住んでるのにね。 

    家を建てた後、ある日、なぜか彼女のお母さんから電話がきて、言われた。 
    「お家のこと、よかったわね。でも、人ってわからないわね。これって、あなたのご両親の方が私達より幸せってことよね?」 
    「え、そうなんですか。なんでですか…(なぜ電話が来たのかも、質問の意図もわからない…)」 
    「だってそうでしょ?幸せよ。本当、人の人生ってわからないわね。だって、誰が思った?あなたがそんな余裕のある結婚 
     をして、うちの娘があんな貧しい相手選んで結婚するなんてね。」 
    「うち、べつに余裕なんてないですよ」 
    「あるでしょう?あるじゃないの。うちの子達より全然。私達が、娘一家の生活の面倒を見てるのよ。誰にもそんなこと予想 
     できなかったわよね。あなただって、自分で人生びっくりでしょう?」 

    自分が言われてることがなんかもう色々とよくわからなかったけど、その後ずっともやもや後味が悪かった。 
    しばらく考えてやっと、どうやら私はこれまでずっと馬鹿にされてたんだなと気がついた。 
    それからはもう、あちらが疎遠にしてきているのにただ合わせているという感じだった。 

    最近も本人は、また子供が産まれたよと突然メールしてきたから、こちらも一応、お祝いを送り、私の方ももうすぐ第二子 
    が産まれるんだと知らせたのだけど、案の定、何の音沙汰もない。 
    もうこれで私の気持ちの中でも終わった。思いやり合える友達だけ大事にしていこう。すっきり。

    このページのトップヘ

    トップに
    戻る